認知症初期集中支援チーム ~住み慣れた地域で安心して暮らし続けるために~

認知症初期集中支援チームは高齢者の増加に伴い、認知症の方がさらに増加することが見込まれていることを踏まえ、認知症に関する国家戦略である新オレンジプランの事業として「早期に認知症の鑑別診断が行われ、速やかに適切な医療・介護等がうけられる初期の対応体制を構築する」ことを目的に恵庭市より委託を受け事業開始しました。

単身で、あるいはご夫婦で静かに暮らしている方は介護従事者の家庭への訪問に抵抗を感じたり、認知症を発症していることに薄々気づいていいながらも今の生活が続けられなくなることを恐れて診断を避けたりしているうちに、ご自分ではコントロールできない状況になっていることがあります。
認知症初期集中支援チームは認知症を抱える方が今後も住み慣れた地域で暮らせるようお手伝いするためのチームです。

認知症支援スタッフ

認知症地域支援推進員 奥宮様(後方中央)・板谷様(後方右)
恵庭市認知症サポート会 会長 中村様(前方右)
認知症初期集中支援チーム 森川(前方左)・戸澤(後方左)

認知症支援の流れ